コンサルタントの年齢 - コンサルタントで独立

コンサルタントで独立 > コンサルタントの年齢

コンサルタントの年齢

独立してコンサルタントとしてやっていくとき、年齢は何歳くらいがちょうどいいのでしょうか?
基本的に独立してやっていくために年齢制限などはありません。
20代で独立するのもいいですし、40~50代になってからの独立でも問題はありません。

ただ、ある程度の目安として、30~40代くらいがおすすめされることは多いです。
コンサルタントとして独立を考えている方なら、すでにどこかの会社に入り、コンサル業をやっていることが多いでしょう。
20代をそのような会社で過ごし、日々の仕事をこなしながら30代を迎えると、コンサルタントとしての十分な知識と経験を積めます。

そして30~40代ならまだまだ現役世代として体力もありますから、初めての独立にもチャレンジしやすいのです。
いざ独立すると、一人でなにもかも仕事をこなすという条件も目新しいですし、一人の経営者として自分のビジネスを運営していかないといけません。
本業でも経営業でも新しく覚えることも多いですから、この点でもある程度若い年齢の方が、柔軟に対応しやすいこともあります。
しかし若すぎるとコンサルとしての実力や経験が伴わず、仕事を受注しにくいこともありますから、ちょうどいいところとして30~40代がよくおすすめされますね。

ただ、独立する年齢については各開業者によって差も大きいです。
20代ですぐ開業する方もいますし、50代以上になってからそうする方もいます。
一つの目安として、自分でコンサル業をやってみたいと思ったときが、独立の適正なタイミングです。
開業を決意したらそれに向けて準備を進め、すべての準備が整ったところで独立するといいでしょう。