SEからコンサルタントへ - コンサルタントで独立

コンサルタントで独立 > SEからコンサルタントへ

SEからコンサルタントへ

コンサルタントの対応分野は広く、SEが担当するシステム面のコンサルを行う場合もあります。
このような仕事内容になる場合、SEとしての仕事経験が役立つこともあり、その職業からコンサルタントへと独立する場合もあります。
ただし、仕事内容には本質的な違いがあるため、SEからコンサルへなるには、必要なスキルや経験をしっかり認識し、経験を積んでおくことが大事です。

SEの仕事内容は、すでに作られている事業戦略やスケジュールに応じたシステム等を構築し、管理することとなります。
これに対して、SEの分野も含めたコンサルタントが担当するのは、そもそもの事業戦略の立案や、スケジュール等の作成・管理などになるのです。
どう違うのかというと、SEはあくまで一スタッフとして会社の方針に従う形で仕事をするのに対し、コンサルタントはその会社の方針自体を作成し、スタッフ陣を指揮する側の立場となるわけです。

このような本質的な違いがありますから、SEとして積んだ経験をもとにコンサルタントとして独立するには、事業戦略の立案やプロジェクト全体のスケジュール管理の方法など、コンサルとしての基本スキルも学ばないといけません。
また、経営陣に近い判断をするわけですが、コンサルがその会社の経営者になるわけではありませんから、実際の経営者とよく話し合って対応を決めるコミュニケーション能力も必要です。

SEでは普段なかなか対応する機会の少ない仕事内容かもしれませんが、SEの分野にまたがったコンサル案件もありますから、需要はあります。
SEとしての実力とコンサルタントとしての実力の両方が十分なものとなれば、独立して仕事をしていけます。