戦略系のコンサルタント - コンサルタントで独立

コンサルタントで独立 > 戦略系のコンサルタント

戦略系のコンサルタント

戦略系のコンサルタントになると、その企業の事業に関して問題点を洗い出し、それを改善することで利益を出していく仕事をします。
主にこの分野のコンサルタントとして独立すると、個人で企業の中に入り、クライアントを上手にリードしていくお仕事ができるでしょう。
まさに世間一般でイメージされるコンサルタントの仕事となるかもしれません。

独立し、このような戦略系の仕事を一人でこなすには、強烈なリーダーシップが必要と思うかもしれませんが、実際に必要なのは、周囲と協力して仕事をこなす協調性やチームワークだったりします。
これら戦略系のコンサルの案件では、クライアントの企業内で行われている事業に関し、戦略を立案したりするのですが、コンサルタントが一人でそれをやるとは限らないのです。
もちろんそうなる場合もあるのですが、これら事業戦略チームの一員となり、チームのメンバーの一人として仕事をすることもあります。

このような案件もありますから、戦略系のコンサルタントだったとしても、独立前のようにチームワークへと柔軟に対応するスキルも必要です。
しかしそれは責任が分散されるという意味ではありません。
毎日の仕事中はチームの一員だったとしても、正式な立場は何かの事業の戦略に関する仕事を請け負った、独立したコンサルタントという位置づけになります。

ですから、個人でその企業に戦略の立案や、現行の戦略での問題点等を提案する力と、チームの一員として働く柔軟性との両方をバランスよく求められます。
これらをバランスよく実行できたり、どちらか片方を強く求められても対応できたりするなら、戦略系のコンサルタントとして独立しても成功しやすくなるでしょう。