コンサルタントとマーケティング - コンサルタントで独立

コンサルタントで独立 > コンサルタントとマーケティング

コンサルタントとマーケティング

コンサルタントとして独立する上で、マーケティングは非常に重要です。
まずコンサルタントとして仕事をするうえで、マーケティングの知識やスキルが必要になります。
そもそもマーケティングとは何かというと、その企業や事業者のビジネスがより売れるようにするための一連の活動です。
市場調査や広告活動などが有名ですが、そのほかにも事業計画や商品の見直しなど、幅広い意味合いを持ちます。

マーケティングが適切にできると、クライアントのビジネスをもっとも効率的な形に整えられ、売上も伸びていきます。
コンサルタントの基本的な仕事は、結局はクライアントの売上を伸ばすことになりますから、マーケティングが一切できないと、コンサルタントとしての仕事も厳しくなるでしょう。
このような意味で、コンサルタントとして独立するためには、マーケティングの知識は必要です。

そして一人の独立開業者としてコンサルタントをやっていくためにも、マーケティングの知識は必要になります。
これはクライアントの売上を伸ばすためではありません。
一人のフリーランスや経営者として、自分を売っていくためにもマーケティングの知識が必要なのです。
この知識を使えば、自分をもっとも効率よく売るための方法がわかり、その活動も効率的に行っていけますよね。
独立後に仕事を得ていくためにも有利になります。

これができないというのは、医者の不養生というもので、コンサルタントとしての実力を疑われかねません。
自分が仕事中に困らないように、そして一人のフリーランスや経営者としてやっていけるように、コンサルタントにとってマーケティングは重要になります。