コンサルタント案件で独立 - コンサルタントで独立

コンサルタント案件で独立

コンサルタントは独立する方も少なくありません。
独立すると以降はフリーランスとして自分でコンサルタント案件を取ってくることになります。
これができれば、個人でもコンサルタントとしての仕事をこなせるため、それで収入も得られます。
つまり独立して仕事をこなせるわけです。

この仕事で独立したいなら、いかに自力でコンサルタント案件を取ってこれるかがカギとなります。
これら仕事はどうやって取ってくるのでしょうか?
理想的なのは、自分の名前やこれまでの人脈を使って仕事を得られる状況です。

この状況を作りやすいのは、以前に大手コンサルファームに勤めていた方などです。
独立する前、コンサルファームに就職しているケースは多いですよね。
このようなキャリアを取った場合、当時の人脈や実績を使ってクライアントを募集できます。
当時、かなり懇意にしていたクライアントがあるなら、そちらへ営業をかけたり、他社への紹介をお願いしたりして、クライアント案件を取れます。
まったくの無名・無経験で始めるよりも成功率が高く、おすすめです。

ただし、このような人脈や過去の実績があっても、都合よくコンサルタントを募集しているクライアントが見つかるとは限りませんよね。
そんなときのため、自分でフリーコンサル案件を見つける方法も知っておくといいです。
これら案件はインターネット上で募集されており、特定のスキルや経験、知識があれば、誰でも応募できるようになっています。
このような一般募集の案件も見つけられれば、こなせる仕事を見つけられることは多いです。
あとはコンサルタントとしての実力が問われます。
これが十分にあるなら、独立してやっていけるでしょう。